2019年は中国SF映画元年に?

89
出典:https://starwars.disney.co.jp/
中国国内で盛り上がり始めたSF

今年の春節(旧正月、今年は2月5日)、中国初のSF大作「流浪地球(The Wandering Earth)」が公開され大いに話題となった。
近年、中国ではSFの注目度が高まりつつあるという。

中国でSFの注目度が上がったきっかけは「三体」という長編SF小説からだという。
人類と異星人の三体星人との数世紀にわたる戦いを経て、宇宙で生き残るために道を模索するというストーリーのようだ。

その後「三体II:黒暗森林」「三体III:死神永生」と出版され、「地球往時三部作」としてシリーズを確立した。
このシリーズの発行部数は中国100万部、英語版11万部を突破し、中国銀河賞やネビュラ賞、さらに世界的なSF文学賞のヒューゴー賞長編小説部門賞などを2015年8月に受賞した。

そして2019年、中国では今年が「SF映画元年」とささやかれるようになった。
4年の歳月をかけ完成した映画「流浪地球」は、その元年を象徴する大作となった。
紆余曲折した中国SFの系譜は、SF映画製作における膨大な人数の参画と本格的なSF映画創出の経験につながった。

中国初のSF大作映画「流浪地球」は、公開初日で興行収入2億元(約36億1000万円)を突破し、北米とオーストラリアでの公開も決めた。

この映画は、太陽の爆発が迫りくる世界で、地球に巨大エンジンをつけて太陽系から脱出を図る「流浪地球」計画と危機に瀕した地球を救おうとする人々のストーリーだ。

世界的なSF映画「スターウォーズ」も、とうとう最終章を迎える。
次なるSF超大作は、どこの国から生まれるのだろうか。

参考: http://j.people.com.cn/n3/2019/0211/c94473-9545093.html