2020年 2月 29日 土曜日

中国で浸透するキャッシュレス

中国で進むテクノロジーの普及。 昔ながらの街並みを残しながらも、テクノロジーの普及は著しい。

日本人女性は化粧を頑張りすぎ? 中国人女性から見た日本の美意識

中国人の女性を見かけると、しっかり化粧しているのは20代、それも前半くらいの女性くらいしか力を入れてないような気がする。 家族連れの中国人の奥さんは、すっぴんが当たり前だ。 そう、中国人と日本人の化粧文化には大きな違いがあったのだ。

盛り上がるLIVE配信とEC

中国EC市場を牽引するタオバオ。 そのタオバオが配信するタオバオライブはLIVE配信を観ながら、ECでの買い物ができるというものである。

爆買いから越境ECへ

ライフスタイル

「人を喜ばせる」から「自分を喜ばせる」に…女性の消費に対する価値観の変遷

「今日も一日頑張ったし、自分にご褒美をあげよう!」 そんな風に、日々の生活のモチベーション向上のため「自分のためのお買い物」をする人も、最近ではよく見かける。

STAY CONNECTED

18,592ファンいいね
67,461フォロワーフォロー
32,600購読者購読

生活情報

最新レビュー

新型肺炎「コロナウイルス」の脅威~中国本土の現在~

現在、感染による被害が深刻化している新型肺炎。 多くの感染者と死者を出し、想像を絶するレベルの感染が各地で広がっている。

暗記パンならぬ「暗記ケーキ」?

マカオ復帰20周年の盛大な花火大会

おすすめ記事

中国・春節をロックオン‐中国SNSを活用したPR

2018年2月16日、中国は春節(旧正月)の大型連休を迎えた。 中国の環球網によると、2018年の終節をロックオンして、訪日中国人の消費拡大を目指し、日本企業が「KOL」に対する商品情報の提供を強化していたとのことだ。

男性がハイヒールで全力疾走⁈

11月23日、中国の重慶市で何ともユニークなイベントが行われた。

「一人っ子世代」の健康食品志向

中国の工人日報は、働き盛りの1990年代生まれの若者が、自分の健康や美容に不安を抱き始め、美容商品や健康食品などを買い求めるようになり、健康食品産業の成長を牽引するようにさえなっていることを報じた。

TikTokの覇権を握る猫~ショートムービー界の癒し~

皆さん、犬派ですか?猫派ですか? いえいえ、この際そんなことはどうでもいいのです。 とにかく筆者が言いたいのは、彼らって可愛いですよね…癒されますよね!

大阪梅田のLEDモニターがギネスに

大阪府大阪市北区の地下鉄御堂筋線の梅田駅。 ここにある長さ40メートルあるLEDモニターが、「地下空間で最大のLEDモニター」として、11月30日、ギネス世界記録に認定された。

人気を呼ぶeスポーツが楽しめるホテル

eスポーツが楽しめて宿泊施設も充実している。 そんなホテルが成都でひそかに人気を寄せている。

訪日情報

eスポーツの頂点を決める大会「ワールドサイバーゲームズ」

「eスポーツオリンピック」と呼ばれる世界大会が存在する。 その名も、ワールドサイバーゲームズ(WCG)世界大会。

中国の文化的トレンド「ナイトタイムエコノミー」

中国青年報は、「昼間は仕事をするだけ、仕事が終わるとやっと生活を楽しめる」といった考えのナイトタイムエコノミーという現象が注目を集めていることを報じた。
- Advertisement -

関連記事

インバウンド

ビジネス

- Advertisement -