2020年 12月 3日 木曜日

中国デジタル映像展が海外初進出!

中国の新華網が、世界文化遺産の中国大運河を創作の背景とする「時空を超える中国」(CHINA THROUGH TIME)デジタル映像展が16日、ドイツの第71回フランクフルト・ブックフェアに初出展したことを報じた。

地味に人気が上がってる?中国の「漢服」

最近、中国の若者を中心にじわじわと「漢服」の人気が高くなっている。 今年の連休などには観光スポットや人が集まる場所で「漢服」の人が目立ったようだ。

日本人女性は化粧を頑張りすぎ? 中国人女性から見た日本の美意識

中国人の女性を見かけると、しっかり化粧しているのは20代、それも前半くらいの女性くらいしか力を入れてないような気がする。 家族連れの中国人の奥さんは、すっぴんが当たり前だ。 そう、中国人と日本人の化粧文化には大きな違いがあったのだ。

ライフスタイル

暗記パンならぬ「暗記ケーキ」?

皆さん、暗記パンというドラえもんの道具をご存じだろうか? ノートなどの文字を写し、それを食べると丸々暗記できるという優れものだ。

STAY CONNECTED

20,830ファンいいね
68,553フォロワーフォロー
32,600購読者購読

生活情報

最新レビュー

【新型コロナウイルス】国外の中国人は帰国後隔離⁉

現在、世界はコロナウイルスの感染拡大で大混乱に陥っている。 最初の感染が確認された中国では、感染予防のための様々な取組みが行われているが、その中の1つに隔離がある。隔離の条件は感染もしくは帰国だというが、一体中国で何が起こっているのだろうか。

おすすめ記事

中国穀物生産量が史上最高を更新

中国・人民日報によると、「中国国家統計局が6日に発表したデータによると、2019年の全国穀物総生産量は6億6384万トンで、2018年より594万トン増え、成長率は0.9%となり、史上最高を更新した」とのことだ。

インフルエンサー招聘・動画制作協力 実際に訪日してもらうことでPR力向上を狙う自治体

ゴールデンルートの対抗馬として現れたダイヤモンドルート。 その一方で中部・北陸地方には昇竜道(ドラゴンルート)が出現していた。 能登半島を竜の頭に見立て、中部・北陸地方全体を竜が昇る様子として、この地域を「昇竜道(ドラゴンルート)」と呼ぶ。

ウルムチと名古屋をつなぐ新路線が就航へ

中国・新疆日報の報道によると、「烏魯木斉(ウルムチ)航空は、12月30日以降、ウルムチと名古屋を結ぶ新たな国際線2本を就航することを明らかにした」とのことだ。

「あなたは何ごみ?」中国のおもしろ分別

日本人にとっては至極当然の「ごみの分別」。 中国では、「上海市生活ゴミ管理条例」の施行により、ごみの分別がこれからの問題となってくる。

実はめちゃくちゃ厳しい中国のeスポーツ選手養成学校

中国の重慶交通職業学院に新たな学科が新設された。 それは、eスポーツ学科という話題の「eスポーツ」を学ぶための学科である。

上海の水上を彩る森林

中国新聞網によると、冬に入り、上海市青浦区青西郊野公園にある面積約6.7ヘクタールのメタセコイアが一面真っ赤に色づき、1年で最も美しいシーズンを迎えているとのことだ。

訪日情報

北京にUFO?珍しい形の雲

19日の朝、北京市の歩行者たちは突然のUFO…みたいな雲の出現にざわついた。

「広告が邪魔」という感情をインフルエンサーが緩和?

SNSやインターネットの中にはリスティング広告やバナー広告など、様々な広告が溢れている。 YouTubeを観ようにも、広告を何秒間か視聴しないと観れなかったして億劫に感じることは、誰もが経験したことだろう。
- Advertisement -

関連記事

インバウンド

ビジネス

- Advertisement -