2020年 8月 11日 火曜日

インフルエンサーは批判コメントをどう見る?

有名になればなるほど、ファンと一緒に付きまとうのがアンチからの批判コメント。 この批判でショックを受け、インフルエンサーを引退するという人も少なくない。

地味に人気が上がってる?中国の「漢服」

最近、中国の若者を中心にじわじわと「漢服」の人気が高くなっている。 今年の連休などには観光スポットや人が集まる場所で「漢服」の人が目立ったようだ。

インフルエンサー招聘・動画制作協力 実際に訪日してもらうことでPR力向上を狙う自治体

ゴールデンルートの対抗馬として現れたダイヤモンドルート。 その一方で中部・北陸地方には昇竜道(ドラゴンルート)が出現していた。 能登半島を竜の頭に見立て、中部・北陸地方全体を竜が昇る様子として、この地域を「昇竜道(ドラゴンルート)」と呼ぶ。

ライフスタイル

紫金山の麗しき紅葉

中国新聞網によると「江蘇省南京市の紫金山にある紅楓崗では8日、折り重なるようにして枝を伸ばしたカエデが赤や黄色に色づき、その多彩な紅葉の風情を楽しもうと多くの市民や観光客が訪れていた」とのことだ。

STAY CONNECTED

20,427ファンいいね
68,033フォロワーフォロー
32,600購読者購読

生活情報

最新レビュー

【新型コロナウイルス】国外の中国人は帰国後隔離⁉

現在、世界はコロナウイルスの感染拡大で大混乱に陥っている。 最初の感染が確認された中国では、感染予防のための様々な取組みが行われているが、その中の1つに隔離がある。隔離の条件は感染もしくは帰国だというが、一体中国で何が起こっているのだろうか。

おすすめ記事

日本の今年の漢字は「令」 中国は?

先日、日本の今年の漢字は令和初年度ということもあり「令」に決まった。 さて、ではお隣の中国はどうだったのだろう?

独自商圏を持つ中国市場の攻略は、国産アプリの活用が必須に。TikTokの可能性。

中国では、グレートファイアウォール(金盾)というブロッキング・フィルターシステムがあり、他国への情報アクセスが厳しく制限されている。 そのため、日本でよく使われているTwitterやInstagramは対応していない。

ショッピングモールにズートピア⁈

現在、中国のファミリー層に人気の動物園がある。 そこは、ショッピングモールなのに動物と触れ合うことができる、ちょっと変わった動物園のようだ。

大阪梅田のLEDモニターがギネスに

大阪府大阪市北区の地下鉄御堂筋線の梅田駅。 ここにある長さ40メートルあるLEDモニターが、「地下空間で最大のLEDモニター」として、11月30日、ギネス世界記録に認定された。

中国人のライフスタイル-消費の移り変わり

中国人のライフスタイルは経済成長とともに大きな変貌を遂げた。 中でもスポーツによる支出が増え、お金をかける分野が変わったことを感じさせる。

経済格差の縮小が中国の今後の目標か

度々、問題になる中国の経済格差。 15日に開催された第4回国家発展フォーラムでは、中国発展研究基金会の副理事長の劉世錦氏の演説があった。

訪日情報

熱気あふれるゲームコンテスト「CET全国電子競技巡回大会」

8月2日~5日の4日間、中国最大のゲームイベント「2019ChinaJoy」の一貫として、ゲームコンテスト「CET(チャイナ・eスポーツ・ツアー)全国電子競技巡回大会」が行われた。

政府も後押しする中国の健康志向

中国政府の後押しもあってか、中国では健康志向が高まっている。

中国版LINEのWeChatで完全予約が可能なエクササイズや、フィットネスアプリの流行、日本メーカーのサプリメントの爆買いなど、若い女性を中心に健康志向はうなぎ登りだ。

- Advertisement -

関連記事

インバウンド

ビジネス

- Advertisement -