知っていたら中国通?2019年ホットワード

81
出典:https://www.youtube.com/watch?v=jGpE5VCsOYE
1年の総まとめのような言葉たち

2019年の出来事を彩る中国のホットワード。
まるで、この1年を総まとめしたかのような言葉たちが並んでいる。
その一部を見ていきたい。

「996」-朝9時から夜9時まで、週6日勤務という過酷な勤務スタイルを表した言葉。
「你是什麽垃圾?(あなたは何ゴミ?)」-「上海市生活ゴミ管理条例」の施行スタートと共に流行り、今年の中国における社会的な現象を反映しており、残業に疲弊するホワイトカラーやゴミを手に分別に悩む上海市民の姿を表している。

你笑起来真好看(君の笑顔は本当に素敵)」「野狼Disco(野狼ディスコ)」「騎上我心愛的小摩托(アタシのカワイイバイクで移動中~)」‐「抖音(Tik Tok)」で人気に火がついたBGMの歌詞など。

「君がどう思うかではなく、俺がどう思うかが大事」-夏に放送されたバラエティ番組「中餐庁」のシーズン3のゲスト・黄暁明(ホアン・シャオミン)氏が番組内で他人の意見に耳を貸さず、傲慢な態度まる出しで発言した。

「辛すぎる」-快手の「ちょっと悲しい動画」から生まれた流行語で、物悲しいBGMに眉を寄せ、虚ろな目をしたパーソナリティが、泣きそうな顔でおでこに両手をあてている状態。

ざっくり見た感じ、SNS関連の言葉が多いような気がした。

中国・人民網によると「SNSやスタンプなどを通じて広まっていく過程で様々な派生した意味が生まれ、当初とは違った意味で使われるようになっているホットワードも少なくない。そして生まれては消えてしまうフレーズもある一方で、数年たってもしっかりと存在し続けるフレーズも」とのことだ。

近年は、多くのホットワードが誕生している。
来年は、どんな言葉が誕生するだろうか。

参考: http://j.people.com.cn/n3/2019/1218/c206603-9641543.html