2020年の中国・不動産業の展望は「安定」か

223
ムーディーズが「安定」と予想

中国新聞社によると、米格付け会社・ムーディーズが4日、2020年の中国・不動産業に関する展望を記した報告書を、向こう12ヶ月間「安定する」として発表したとのことだ。

その理由を「中国全土の不動産販売が全体的に安定し、在庫の水準も健全だから」としている。

同報告書は、「規模が小さく、財務実力が弱く、信託融資のリスクが高い中国のデベロッパーの資金の再調達リスクは上昇するものの、評価対象となったデペロッパーの大半は、引き締めに流動的に対応できる資金調達環境が整っている」と分析しているようだ。

その他に、在庫が増加すると見られることや、16年3月のピーク値には程遠いことを指摘している。

また、「中国の不動産業は今後、さらに統合が進み、販売実行能力が高く、財務の面で周到かつ慎重な大・中型デペロッパーが小型のデペロッパーや競争力が弱い同業者からシェアを奪うことになるだろう」と予想しているとのことだ。

2020年の中国経済における不動産業がどのような働きかけていくか、今後も見ていきたい。

参考: http://j.people.com.cn/n3/2019/1205/c94476-9638403.html