中国で加速する5G商業サービス

87
年内50都市での5G普及に向けて

中国新聞網によると、10日、IHSマークイットは「OPPO未来の科学技術会議2019」で、白書「スマート相互融合:5G、人工知能(AI)、クラウド技術の力を借りて、チャンスを放出」を発表したとのことだ。
19年10月末現在、プロバイダー50社が27ヶ国・地域で5G商用サービスを打ち出しているという。

19年11月初旬、中国移動、中国電信、中国聯通の3大プロバイダーは、5G商用サービスを打ち出し、計画より数ヶ月前倒しでサービスを実現しているる。
3社は、年末までに5G基地局を約10万局に増やし、来年末に100万局とする計画で、年内に中国50都市で5Gを普及させるようだ。

同白書は、「5Gを通じてAI技術とクラウド技術がスマホアプリのバックグラウンド能力となるが、こうしたクラウドとAIの到来によってスマホの計算力が弱まることはなく、今後も向上し続けることが予想される」としている。

中国の5G到来による革新は、今後も加速していきそうだ。

参考: http://j.people.com.cn/n3/2019/1212/c94476-9640065.html