5G到来。動画コンテンツの時代へ。

123

通信速度が今の1000倍へ。

動画コンテンツの大量配信時代へ突入。

2020年より、通信速度が4Gの毎秒1ギガビットから5Gでは毎秒10ギガビットに向上し、2時間の映画を3秒でダウンロードできるようになる予定だ。
インターネットにつないで視聴していた動画が止まったり、音声が途切れることがなくなる。​

「超低遅延」で、4Gの10ミリ秒(1/100秒)ほどの遅延から5Gで1ミリ秒(1/1000秒)ほどの遅延に短縮され、遠隔地のロボットのリアリタイム操作ができるくらい、ほぼ通信の遅延を感じさせなくなるという。​

これに伴い、tiktokやyoutubeのような動画配信サイトを​全ユーザーがストレスなく閲覧できる環境が整う。



進む5Gの環境整備

先日、NTTドコモがJR東海と共同で、新幹線沿線に設置された実験用基地局と新幹線車内の5G端末を通信する実験を実施した。

新幹線は283km/hで走行したが、28GHz帯での5G通信に成功した。

このまま順調に5Gの通信環境が整備されれば、今まで以上に動画コンテンツの利用が盛んになり、SNSの利用も今以上に活性化されるだろう。

5G到来前にインフルエンサーマーケティングの基盤を確立しておくことが、今後の発達するSNS市場を最先端で走り抜けるカギになるのだ。