中国大卒者の90%以上は賃貸暮らし

32
大卒者のほとんどは賃貸でニーズを解決

ここ数年、中国では毎年、800万人以上が大学を卒業して社会人になる。
新社会人の住居ニーズを理解し、そのニーズを叶えるため中国では調査が行われている。

この調査で作成された「2019年大学卒業生不動産賃貸青書」(以下、「青書」)が、このたび北京で発表された。これを読めば現代の大学卒業生の住まいについて全面的に理解することができるそうだ。

同青書のデータによると、現在の大学卒業生の90%以上が賃貸物件で、居住空間に求めるニーズを解決しているという。
調査に回答した大学卒業生の80%近くが不動産賃貸プラットフォームの公式なアプリかサイトで物件情報を探し、30%以上がその他のインターネットやSNSで物件情報を得るようだ。

同青書は、「青年層は個人のプライバシー空間、住まいの条件、住み心地をより重視し、そのことは高い品質の賃貸物件および賃貸サービスへのニーズに現れている。95後(1995年から1999年生まれ)には『ネット化、SNS化、品質追求』という3つの特徴があり、そのため築年数が新しくてファッショナブル、経営がシステム化されたブランドの長期賃貸物件が、若者の賃貸ニーズに最もふさわしいといえる」との見解を示した。

参考: http://j.people.com.cn/n3/2019/1011/c95961-9621810.html