モバイル決済普及でユニークな新職業が誕生⁈

33
「QRコード営業マン」に「オンラインごみ回収スタッフ」

QRコード決済。
今や使う人もだいぶ増えてきて、中国では老舗や路上ライブをやっている人まで幅広く活用されている。
筆者もQRコード決済愛用者の一人だ。

このQRコードを使った決済を事業者に勧める「QRコード営業マン」なるものが、中国の新職種として誕生したようだ。

同営業マンは、三線(中国の都市階級の指標。一番上が一線)以下の都市で活躍しているようで、ある営業マンは「QRコードという種をまいて、収穫を待っているような気分だ」と話している。

また、ごみの分別が推奨されるようになった中国では、支付宝(アリペイ)などのプラットフォームで、「ゴミ分別回収」というオンラインでスタッフにごみ回収をしてもらえるサービスが誕生している。

上海在住のある回収スタッフは、毎日午前9時から11時まで各団地の住民の家を訪問してゴミを回収しているようだ。
回収の対象品目は、古紙やプラスチックなどのリサイクルできるごみや家電などの粗大ごみだという。

回収の際には、スタッフから家電だと一定の代金に、価値の低いものは重さに応じたクーポンに交換することが可能なようだ。
ごみ回収が、その他サービスに生かすことができるなら、オンラインで頼まない手はないだろう。

このように、中国のモバイル決済普及は、ユニークで便利な職業を生み出し、中国の生活環境を向上させている。

これから生まれてくる新たな職業がどんなものになるか、非常に楽しみだ。

参考: http://j.people.com.cn/n3/2019/1209/c94475-9639199.html