中国のGDPが27年ぶりに低い伸び率

395
ロイター通信によると、2019年10月18日に中国国家統計局が発表した中国第3四半期の伸び率は対前年比6.0%増と低い伸び率に留まった。
これは、米中貿易戦争の影響による内外需の低迷が考えられる。
この低い伸び率は実に27年ぶりのことで、第2四半期から減速がみられる。
ロイターアナリスト予想は6.1%増、今期の政府目標は6~6.5%増。