「広告が邪魔」という感情をインフルエンサーが緩和?

385
SNSやWeb上にあふれる広告に嫌気

SNSやインターネットの中にはリスティング広告やバナー広告など、様々な広告が溢れている。
YouTubeを観ようにも、広告を何秒間か視聴しないと観れなかったして億劫に感じることは、誰もが経験したことだろう。

「広告が邪魔」「あんなの付けても見ないよ」といった感情を広告に対して抱いている人は少なくないはずだ。
しかし、この広告がなければその商品やサービスが認知されることは難しく、消費につながることをまずないのだ。



では、この広告がもっと自然な宣伝だった場合どうだろう。

例えば、「大好きなYouTuberが紹介していた」とか「よく参考にしているインスタグラマーの必需品だった」など、普段の視聴の中に広告が入ってくれば違和感なく、また嫌悪感を抱かず商品を知ることができるのではないだろうか。

実際に、中国でインフルエンサーがライブ配信で紹介しながら使った商品が大量に売れたという事例も出てきている。

これを活用して国内外でインフルエンサープロモーションに取り組めば、思わぬ新規顧客を獲得できるかもしれない。
中国ECサイトでは、試験的にタオバオが取り組むなどして成功事例が生まれている。

また、中国国内でのプロモーションも見直され始め、実際に取り組む企業も増えているのだ。

インフルエンサーによる広告の時代が目前まで迫っている。