有効的なPRで認知拡大に成功した自治体

230

PRで成功した自治体の事例

動画広告活用で検索ボリューム倍増

訪日外国人0.5%を動画広告で解消した三重県伊勢市

伊勢神宮を有する三重県伊勢市。
日本人からすると観光名所として非常に馴染み深い場所ではないだろうか。
しかし、平成25年に行われた20年に一度の一大イベント・式年遷宮に訪れた1,400万人の観光客のうち、海外観光客はわずか0.5%に留まる結果となった。

この結果を受けて、伊勢市は訪日外国人の観光地として知名度を上げるため、YouTubeに動画広告を配信した。

動画広告の影響は凄まじいもので、再生回数は180万回を超えた。
さらに、「伊勢ジャパン」というキーワードでの検索ボリュームは2.5倍となり、伊勢市の認知度拡大に成功したのだ。

出典: https://lifepepper.co.jp/inbound/inbound-local/



市の団結力で外国人観光客が36倍に

市で動かす、予約サイトと観光情報サイト。兵庫県城崎市

https://visitkinosaki.com/ より

城崎温泉で有名な兵庫県城崎市。
温泉好きの筆者も、一度訪れてみたいなと思っている美しい景観と温泉を楽しめる町である。

城崎温泉に訪れる外国人は、ここ5年で36倍に増えている。
この激増の背景には、旅館同士や旅行サイトの連携によって、個々の力ではなく、城崎市全体で盛り上げていこうとした精神があった。

通常、旅館の予約サイトというと、それぞれの旅館ごとにサイトを設けて各々がPRを行っている。
しかし、城崎市は地元の大きな旅館から小さな旅館までを集めたオンラインサイトを形成し、そこで旅館の予約ができるシステムを作り上げたのだ。

また、エクスペディアやブッキングドットコムなどの旅行サイトとも連携し、旅館単体で動くのではなく城崎市として動くことで、市全体を盛り上げていったのだ。

このサイトが軌道に乗った後、城崎市は「Visit Kinosaki」という観光情報サイトを立ち上げ、ここでも予約機能を連結させたのだ。
この優れたコンテンツは、エクスペディアなどの口コミと連携して、コンバージョン獲得に大きく貢献したのだ。

出典: https://lifepepper.co.jp/inbound/inbound-local/

有効的なPRも様々だが、その規模やアプローチの手法によっても違った結果を得ることが期待できそうだ。