2022年 5月 17日 火曜日

インバウンド誘致のなかった自治体が急成長?その理由とは?

大阪府のお隣さんであるにも関わらず、インバンドに不利な地理の和歌山県。 しかし、現在の訪問率や宿泊人数は全国上位半分に属している。 インバウンドがない事を逆手に取ったPRが大ハマりしたのだ。

地味に人気が上がってる?中国の「漢服」

最近、中国の若者を中心にじわじわと「漢服」の人気が高くなっている。 今年の連休などには観光スポットや人が集まる場所で「漢服」の人が目立ったようだ。

SNS広告の時代に乗れ!インフルエンサーマーケティングの時代は始まっている。

SNSの活性化に伴い、各企業はインフルエンサーを活用したPRを実施している。 SNSで見たインフルエンサーの「使っている商品」「やっている体験」を真似して、それらを購入することが広く認知されてきたからだ。

ライフスタイル

中国人のライフスタイル-消費の移り変わり

中国人のライフスタイルは経済成長とともに大きな変貌を遂げた。 中でもスポーツによる支出が増え、お金をかける分野が変わったことを感じさせる。

STAY CONNECTED

20,830ファンいいね
68,558フォロワーフォロー
32,600購読者購読

生活情報

最新レビュー

【新型コロナウイルス】国外の中国人は帰国後隔離⁉

現在、世界はコロナウイルスの感染拡大で大混乱に陥っている。 最初の感染が確認された中国では、感染予防のための様々な取組みが行われているが、その中の1つに隔離がある。隔離の条件は感染もしくは帰国だというが、一体中国で何が起こっているのだろうか。

おすすめ記事

中国の冬至に添えるカラフルな「餃子絵」

21日、河南省洛陽市伏牛山スキー場で冬至を前に華やかなアートが披露された。

インフルエンサー招聘・動画制作協力 実際に訪日してもらうことでPR力向上を狙う自治体

ゴールデンルートの対抗馬として現れたダイヤモンドルート。 その一方で中部・北陸地方には昇竜道(ドラゴンルート)が出現していた。 能登半島を竜の頭に見立て、中部・北陸地方全体を竜が昇る様子として、この地域を「昇竜道(ドラゴンルート)」と呼ぶ。

政府も後押しする中国の健康志向

中国政府の後押しもあってか、中国では健康志向が高まっている。

中国版LINEのWeChatで完全予約が可能なエクササイズや、フィットネスアプリの流行、日本メーカーのサプリメントの爆買いなど、若い女性を中心に健康志向はうなぎ登りだ。

中国穀物生産量が史上最高を更新

中国・人民日報によると、「中国国家統計局が6日に発表したデータによると、2019年の全国穀物総生産量は6億6384万トンで、2018年より594万トン増え、成長率は0.9%となり、史上最高を更新した」とのことだ。

中国版TikTokに中国版ガッキー?

中国版TikTokの抖音で約600万のユーザーが利用する楽曲をリリースした美人がいる。 中国版ガッキーこと栗子、本名は ロンモンロウ(龙梦柔、龍夢柔)という。

犬でも猫でもない「豚カフェ」でミニ豚との至極の時間

SNSの普及に合わせたかのように広まった動物カフェ。 犬や猫が主流とされてきたこの動物カフェは、新たなトレンドを生み出そうとしている。

訪日情報

男性がハイヒールで全力疾走⁈

11月23日、中国の重慶市で何ともユニークなイベントが行われた。

中国人のライフスタイル-消費の移り変わり

中国人のライフスタイルは経済成長とともに大きな変貌を遂げた。 中でもスポーツによる支出が増え、お金をかける分野が変わったことを感じさせる。
- Advertisement -

関連記事

インバウンド

ビジネス

- Advertisement -