2020年 2月 29日 土曜日

碗入りヌードル3,988杯!!ギネス更新

皆さんはこれまで何杯のヌードルを目にしてきただろうか。 中国、湖南省では先日、とんでもない量のヌードルが並んだ。

日本人女性は化粧を頑張りすぎ? 中国人女性から見た日本の美意識

中国人の女性を見かけると、しっかり化粧しているのは20代、それも前半くらいの女性くらいしか力を入れてないような気がする。 家族連れの中国人の奥さんは、すっぴんが当たり前だ。 そう、中国人と日本人の化粧文化には大きな違いがあったのだ。

盛り上がるLIVE配信とEC

中国EC市場を牽引するタオバオ。 そのタオバオが配信するタオバオライブはLIVE配信を観ながら、ECでの買い物ができるというものである。

爆買いから越境ECへ

ライフスタイル

犬でも猫でもない「豚カフェ」でミニ豚との至極の時間

SNSの普及に合わせたかのように広まった動物カフェ。 犬や猫が主流とされてきたこの動物カフェは、新たなトレンドを生み出そうとしている。

STAY CONNECTED

18,592ファンいいね
67,461フォロワーフォロー
32,600購読者購読

生活情報

最新レビュー

新型肺炎「コロナウイルス」の脅威~中国本土の現在~

現在、感染による被害が深刻化している新型肺炎。 多くの感染者と死者を出し、想像を絶するレベルの感染が各地で広がっている。

暗記パンならぬ「暗記ケーキ」?

マカオ復帰20周年の盛大な花火大会

おすすめ記事

中国SNSで2年前の自分との比較が話題に

2019年も、もうすぐで終わりを迎える。 この時期になると多くの人が「今年の一年は…な年だった」と振り返りや総括をして、去年の自分から成長できたか、来年の目標はどうするかと考えるのではないだろうか。

中国の文化的トレンド「ナイトタイムエコノミー」

中国青年報は、「昼間は仕事をするだけ、仕事が終わるとやっと生活を楽しめる」といった考えのナイトタイムエコノミーという現象が注目を集めていることを報じた。

インフルエンサーは批判コメントをどう見る?

有名になればなるほど、ファンと一緒に付きまとうのがアンチからの批判コメント。 この批判でショックを受け、インフルエンサーを引退するという人も少なくない。

2019年は中国SF映画元年に?

今年の春節(旧正月、今年は2月5日)、中国初のSF大作「流浪地球(The Wandering Earth)」が公開され大いに話題となった。 近年、中国ではSFの注目度が高まりつつあるという。

Yahoo!とLINEの統合は米国GAFA、中国BATHに対抗できるのか?

18日のYahoo!とLINEの統合を受けて、RFI(ラジオ・フランス・アンテルナショナル)は「日本のYahoo!と韓国のLINE(ライン)が経営統合し、中米のIT(情報技術)覇権からの脱却をはかろうとしている」と報じた。

中国の「突っ走る」系の親たちとは?

微信(WeChat)に投稿された30歳以上の「中年の人々」の学習能力の高さを称賛したある文章が、中国の親の大変さを物語っている。

訪日情報

インフルエンサー×越境ECは相性抜群?

インフルエンサーと一口に言っても、いろんなタイプのインフルエンサーが存在する。 「インフルエンサーなんてみんな顔だ」と思っている人もいるかもしれないが、それは偏見ではないだろうか?

中国最大のゲームフェア「ChinaJoy2019」来場者数は延べ40万人に!

8月2日、「デジタル新エンターテイメント・テクノロジー新生活」をテーマとした第17回中国国際デジタル・インタラクティブ・エンターテイメント見本市(ChinaJoy2019)が上海新国際センターで行われた。
- Advertisement -

関連記事

インバウンド

ビジネス

- Advertisement -